読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あわ日和

大学生のアクアと日常記録

夏の水槽内温度上昇に対する対策、原理および電力消費量の比較

今年の7月に入ってからの暑さはすさまじく、

 

国内各地で猛暑日が続いてる。

 

猛暑によって熱中症や日射病の問題が発生しているが、

 

人間だけではなく、その影響は水槽内の生体にまで及ぶ。

 

そこで、本記事において

 

水槽内の温度上昇を抑える方法をいくつか挙げ、

 

その原理と利用にかかる電力を示し、比較すr…

 

 

なんて堅苦しく書くのはやめにします笑

 

要は効果的な水温冷却方法は何かを

 

自分なりに考えて、わかりやすく書きたいと思います!

 

アクアをやってる人も、これからアクアを始める人にも

 

少しでも参考になればと思います。

 

熱の伝わり方

ご存じの通り、熱は温度が高い方から低い方へ流れます。

つまり、温度差が生じると熱の移動が起こります。

そして、その熱の伝わり方には大きく分けて3つ、伝導・対流・放射があります。

 

伝導は、文字通り物質内を熱が移動する現象です。

対流は、空気などの流体が動いて熱が移動します。

放射は、いわゆる電磁波によるものです、ヒーターとか焚き火とか。

 

これらに加え、もう一つ重要なのが気化熱です。

水が蒸発する時にエネルギーが必要となるため、温度が下がるということです。

 

これらをふまえて、暑さ対策を考えてきます。

今回は、クーラー扇風機ファン水槽用クーラーの4つです。

比較しやすいように、利用時間はすべて8時間とします。

 

f:id:skyblue0503:20110809113220j:plain

(ちょっと堅苦しくなったので伊豆の海の写真で癒されてください笑)

 

(1)エアコン

冷却の王様、エアコン。部屋全体の温度をさげ、その温度差で水槽の温度を下げます。今回は6畳の広さでエアコン(400W)を使う場合を考えます。

 

・消費電力:400W

・一日あたりの消費電力:3.2kWh

・一日あたりの電気代:70.4

・CO2排出量:1.22kg

 

長所:温度調節ができる、一度に複数水槽を冷やせる、人も涼しい

短所電気代が高い、環境には優しくない

 

 

(2)扇風機

夏の代名詞、扇風機。風を送って、その対流によって温度をさげますが、水槽のガラス面に風を当てて利用します。一般的な30Wの扇風機を考えます。

 

・消費電力:30W

・一日あたりの消費電力:0.24kWh

・一日あたりの電気代:5.28

・CO2排出量:0.09kg

 

長所:エアコンと比べ電力が少ない、CO2排出量が少ない

短所冷却効果があまり高くない、風音

 

(3)ファン

夏の水槽用品の代名詞、ファン。水面に風をあてて、対流によって冷却すると同時に、水の蒸発によって気化熱でも冷却します。サーモと接続することで、温度管理ができます。

今回はGEXの冷却ターボファン(3.7W)を使用した場合を考えます。

 

・消費電力:3.7W

・一日あたりの消費電力:0.0296kWh

・一日あたりの電気代:0.05

・CO2排出量:0.01kg

 

長所:小さい、安い、圧倒的に消費電力が少ない

短所風音、1つの水槽にしか使えない、冷却能力が限らる

 

(4)水槽用クーラー

ちょっとした贅沢品、水槽用クーラー。フィルターの途中に接続し、機械で水を冷却します。安いものは6千円、高いものでは2万円以上します。

今回は、テトラ クールタワーCR-2NEW(140W)を使用した場合を考えます。

 

・消費電力:140W

・一日あたりの消費電力:1.12kWh

・一日あたりの電気代:24.64

・CO2排出量:0.43kg

 

長所水温調節ができる、静か、おしゃれ

短所:高い、電気代がわりとかかる、設置場所をとる

 

 

○考察

f:id:skyblue0503:20130713145044j:plain

やっぱりエアコンは電気代がかかりますね。

 

ファンは複数を使っても全然安いですね。ただ風音が気になります

 

扇風機に関しては、やっぱり人用に使った方がいいですね笑

 

水草と魚・エビにはそれぞれ適正な活動温度があるため、

 

水草水槽をやっている人にはやっぱり温度管理が重要です。

 

お金に余裕がある人は水槽用クーラーを買った方がいいと思います。

 

生体だけの飼育でしたら、ファンだけでも十分だと思います。

 

 

今回挙げた数値はあくまで参考値です。

 

機器、使用状況によって大きくかわるため、

 

ひとつの意見としてとらえてください。

 

長々とだらだらと書いてしまいましたが、

 

少しでも参考になれたら嬉しいです(^o^)

 

それでは夏も素敵なアクアライフを!

 

○参考文献

・生活環境学(井上書院)

電気代計算君(http://kunisan.jp/denki/)

 

少しでも参考になったらポチッとお願いします(^^) 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

夏も素敵なアクアライフを!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村