読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あわ日和

大学生のアクアと日常記録

小さな水槽の繊細なバランス

9月、秋の始まりを感じる季節

 

葉の色づきや、空気の匂いが

 

少しずつ秋の模様に変わっていきます

 

夏が去っていくのがとても名残惜しいですが

 

今年もなんだかんだ素敵な夏を過ごせました

 

このまま涼しく...なればいいのですが

 

もう少し暑さは続くようで

 

水槽のヒーターの出しどころに困っております

 

 

さて、アクアのお話

 

今日は我が家の30cm水槽について

f:id:skyblue0503:20130912232708j:plain

恥ずかしながら、我が家の30cm水槽は自慢の水槽でした

 

たいしたレイアウトでもなく

 

コケだらけのありふれた陳腐な水草水槽

 

けれど、

 

ただひとつ誇れるものがありました

f:id:skyblue0503:20130720153134j:plainそう、ベタの混泳です

 

闘魚と呼ばれるベタは基本は単独飼い、混泳はタブーとされています

 

しかしながら、性格によっては混泳することも可能で

 

我が家のベタも比較的温和な性格で

 

ベタの混泳水槽を見ることができました

 

以前までは...

 

 

実は前回30cmキューブ水槽をリセットする際

 

サカナを移動していたところ

 

ベタのヒレがボロボロに溶けていることに気付きました

 

いわゆる、尾腐れ病というやつです

 

全然気付かなかった...

 

どうしたらいいかわからず、とりあえず隔離して塩浴

 

調べてみると体力は回復するものヒレが元通りになるのは難しいとか

f:id:skyblue0503:20130720153334j:plain

もう立派なヒレは見られないのか...

 

ベタだけでなく、グラスキャットは新しい水槽に移す前に亡くなり

 

デルモゲニーも移してから数日後底に沈んでいました...

 

現在はエビとグリーンネオンだけ

 

不運は続き...

 

今日も60cmの方でモーリー松かさ病になっていました

 

今までこんなことはなかったのに

 

最近はちゃんとメンテをしているつもりでしたが、

 

本当にダメダメでした

 

 

小さなガラスの中で

 

大きな自然を作る

 

上高地に行ったときにも聞きましたが

 

「自然は微妙なバランスで成り立っている」

f:id:skyblue0503:20130912162106j:plain

 

自然の繊細さと、サカナを飼うということの難しさを改めて知りました

 

けど、難しいからこそ面白いのだと思います

 

ちなみにベタはいまのところ元気です!

 

 

ポチッと応援お願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村