読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あわ日和

大学生のアクアと日常記録

ハンドメイド吸排水パイプ

10月、神無月になりました

 

秋深まる季節

f:id:skyblue0503:20131005231100j:plain

ヘッダも秋バージョンに変更しました!

 

注:決してもみじまんじゅうではありません

 

 

さてアクアなお話

 

内容はタイトル通り「給排水パイプの自作」です!

 

以前から興味があって、ネットで色々調べて

 

30cmにリセットの際に作ってみました

 

製作方法を順をおって説明したいと思います

 

1.アクリルパイプを用意

f:id:skyblue0503:20130831232812j:plain

外部フィルターに接続するホース径に合った太さのアクリルパイプを用意します

 

今回は直径10mmのアクリルパイプをチャームで購入しました

 

2.パイプに塩を入れる

f:id:skyblue0503:20130831234938j:plain

加熱した際にパイプがつぶれないように、塩を入れます

 

今回はパイプに直接塩を入れましたが、

 

塩を入れたシリコンチューブに油を塗ってパイプに入れるという方法もあります。

 

結果から言うと加熱した時に塩の粒の跡がつくので、後者をおすすめします

 

3.アクリルパイプを加熱して曲げる

f:id:skyblue0503:20130901002752j:plain

パイプをコンロで遠火でゆっくり加熱します

 

柔らかくなってきたら、お好みの形に曲げます

 

曲げる時は、板などの平らな物に円柱のものを固定して

 

そこに巻き付けるようにして曲げるとキレイな曲線になります

 

画像をよくみると、曲がった部分がざらざらしているのがわかります

 

これが塩を直接入れたせいです。

 

4.パイプを適切な長さにカット

f:id:skyblue0503:20130901160415j:plain

給水パイプはこれで完成です

 

吸水パイプは吸い込みようの溝をつけます

 

これが結構重労働。電動ノコギリなんかあると便利です。

f:id:skyblue0503:20130901160404j:plain

できあがりがこちら

 

水中部分の方は、加熱して潰す等して穴を閉じてください

 

自分はグルーガンで無理矢理穴を埋めました(←おすすめしない)

 

5.フィルターにセット

f:id:skyblue0503:20130912232708j:plain

フィルターと接続して完成です。

 

しばらく使用してみて思いましたが、

 

フィルターに付属の製品か、ADAなどの既存の商品を使用することをおすすめします!←

 

なぜかと言うと、

 

今回使用したアクリルパイプは内径が小さいため

 

流れる水量が変化し、水槽内の水が十分に循環しない可能性があります。

 

それと吸水パイプの方が、しっかり溝の部分を作らないと

 

詰まってしまう恐れがあります。

 

そういう点でメーカーの製品は考えられてるなって思いました

 

でも、

 

透明で割れないアクリルパイプは魅力ですよねー

 

何より作るのが楽しい!

 

みなさんもレッツDIY!!

 

(注意:本記事の内容はあくまで参考程度のものです。実際に製作する際は自己責任のもと、十分注意して行ってください)

 

 

参考になりましたら、ポチッとお願いします 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

応援ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村